キッチンマネージャー

高木 圭輔 

-TAKAGI KEISUKE- 
 
 
2015年入社

アルバイトから入社。現在はキッチンマネージャーとして
部下の指導や原価の管理など、その役割は多岐にわたる。

インタビュー

1日の仕事の流れは?

出勤したらまずはメールやラインの確認をします。社内での連絡事項など周りの社員やアルバイトに共有することも重要な仕事の1つです。今はパソコンを開いて、というよりも移動時間などを使ってスマホで簡単にできるので助かっています。
簡単な事務作業が終わったらキッチンの仕込みを行います。具体的には野菜をカットしたり、お肉の下処理をしたり、ご予約のお客様のコース料理を用意したりと、地味な作業ではありますがここをどれだけ丁寧に早くできるかで、スムーズな料理の提供に大きく関わるので絶対に手を抜けないところですね。
最近は新入社員やアルバイトが増えたので教えながら進めることも多いです。
一人ひとり個性があるし覚える速さも違いますが、彼らが一人でバシっと仕事ができたときは、すごく嬉しい気持ちになります!仕込みの後は営業に入ります、正直忙しいときは時間を忘れるくらいあっという間の時もあります。笑 営業が終わったら片付けをして終了というのが1日のざっくりした流れです。

入社のきっかけを教えてください。

アルバイトで5年間働いた後に社員になりました。バイトから数えるとかれこれ9年目のベテランです。笑
きっかけは正直ノリな部分もあります。笑 とは言っても当時一緒に働いていた仲間から一緒に社員になろうと誘われたのがきっかけです。その足で今の上司に社員になりたいです!と二人で言いに行きました!だからノリです!
でもあの時のノリがなければ今の自分はないと思うと、誘ってくれた仲間には感謝しています。

入社してからの印象的な出来事は?

キッチンマネージャーに上がる為には3ヶ月以内に与えられた目標を達成しなくてはならない試験のようなのがあるんですが、最初のチャレンジではやる気だけが空回りして目標が達成できずに悔しい思いをしました。その半年後に再チャレンジの機会をいただいたのですが、今度は1度目と違って冷静に客観的に物事を見れるようになっていたのを覚えています。その時は周りの仲間が支えてくれたり、上司がアドバイスをくれたりと、一人ですべてこなそうとした1度目とは全く違う状況でした。結果的に1ヶ月目で目標が達成でき、キッチンマネージャーに昇進できたのですが、きっと自分だけがむしゃらになってたってしょうがない、仕事はみんなでやるものだと気づく事ができたからだと思います。嬉しかったし成長できたかなと感じた瞬間です。

今後の目標を教えてください。

アルバイトや社員になりたての頃は全然周りに興味がなかったんです。関心がないというか、深く知る必要がないというか、好き嫌いがあったというか…苦笑
でも最近は新しく入った社員にもアルバイトにも関心を持って接するようになりました。それがきっかけでもっと多くのお店を管理して、より多くの人と関わりたいと思うようになりました。
たくさんの人と触れ合って、教えられる事は教えて、吸収できる事は吸収して、会社としても、営業部としても、個人としてももっともっと大きな存在になる事が今の1番の目標です。
もし、入社を考えてくれている人がいたら、ぜひ僕が育てたいですね!笑